活版印刷の読書感想綴り

今回は、江戸情緒が残る下町にある、おしゃれで職人技の光る文具店・カキモリさんとe-honが
本好きの多いe-honのお客さまのために、読書をより楽しくするノートを製作しました。

story

■特徴

紙

紙

▲クリックすると拡大します。

  • ・目に優しくて疲れないクリーム色の書籍用紙を使用。
  • ・ペンの滑りが良く、にじみにくい。
  • ・長期の保存に耐える中性紙。

活版印刷

活版印刷

  • ・立体感があり、見やすく目に優しい活版印刷。
  • ・職人により昔ながらの手法で印刷された、懐かしい風合い。

革の表紙

革の表紙

  • ・強度が強く、使い込むほど味のでるヌメ革。
    (タンニンなめしした牛革)
  • ・蜜ロウ加工し、染料で一枚一枚職人の手で染められており、使い込むほどに味わいや表情が出てきます。
  • ・革製のノートでありながら、お手頃の価格設定。
  • ・表(革面)右下にカキモリのロゴが、裏(ファイルボード)右下にe-honのロゴが入ります。

リフィルのこと

リフィルのこと

  • ・書き終えたら、カキモリにお持ち下さい。革の表紙をそのまま使い、本文(中紙)だけ交換します。書き終えた紙は綴り紐で、綴ってお渡しします。

    昔ながらの黒い綴り込み表紙もご用意しています。
    遠くの方は郵送でも承ります。
    (詳しくはカキモリまでお問合せください)

手作り

今回『読書ノート』を作っていただいた文房具屋さん「カキモリ」とは・・・

カキモリ店舗

都営浅草線・都営大江戸線『蔵前』にある、文具店・カキモリ(kakimori)店舗

画像 画像

カキモリは、浅草、御徒町、浅草橋、馬喰町に程近く、
ものづくりの息吹と、なつかしさに満ちた散策にも楽しい街
「蔵前」にある小さな文具店です。
「たのしく、書く人」の店カキモリには、書くことが嬉しくなる
100種の紙と、ひとつひとつ違う書き心地を試すことができる
万年筆やボールペンなど60種以上の筆記具があります。

気になる一本で、店内のあらゆる紙に試し書きをしてみる。
お気に入りの一枚にしっくりとくるペンを探す。
「たのしく、書く人」を応援するお店です。
気持ちに響く紙が見つかったら、店内の工房でリングノートを
10分程度で仕立てることもできます。

東京都台東区蔵前4-20-12
営業時間:12:00〜19:00 月曜定休(祝祭日はOPEN)
⇒カキモリ ホームページへ

画像 たのしく、書く人 カキモリ

■商品の詳細

商品の詳細

見開きイメージ 中身の罫線

8色展開。ご注文はこちら!

活版印刷の読書感想綴り 紺

活版印刷の読書感想綴り 紺

活版印刷の読書感想綴り 赤

活版印刷の読書感想綴り 赤

活版印刷の読書感想綴り オレンジ

活版印刷の読書感想綴り オレンジ

※表(革面)右下にカキモリのロゴが、裏(ファイルボード)右下にe-honのロゴが入ります。