ビジネス・学習・趣味やSNSにも!文字やイラスト、音声全てを収録できる全く新しいツール エコー・スマートペン

転送・共有機能について

  • 1.共有 クラウド(Evernote)で「共有」できます。
  • 2.SNS (Facebook)に投稿・シェアできます。
  • TIPS コネクト エコー・スマートペンからコネクト設定しておけます。

パソコンに取り込んだノートのデータを、転送、共有したい。
そんな時に便利な機能が「コネクト」です。書いたノートのイメージそのままにEメールで送信、
またはSNS(Facebook)やクラウド(Evernote/Google Docs)を使っての共有が簡単に行えます。

1.共有 クラウド(Evernote)で「共有」できます。

EvernoteやGoogle Docsなどのクラウドサービスに、ペンキャストPDFでノートを転送することができます。
いつでもどこでも確認、また他の人と共有することができます。

クラウド(Evernote)で「共有」

ライブスクライブ デスクトップを起動し、コネクター情報の登録画面からEvernoteのアカウント情報を入力。

タブ内の「**ページ目を送信」の中から「Evernote」か「Google Docs」などを選択。

ファイルフォーマット「ペンキャストPDF」を指定し「継続」をクリックすれば、送信完了です。

*「Evernote」はEvernote社のサービスです。

ページトップへ

2.SNS SNS(Facebook)に投稿・シェアできます。

気軽に情報を投稿、シェアできるFacebookへは、
ペンキャストフォーマットのままタイムラインに投稿することができます。
手書きした通りのアニメーションや音声も再現できるので、
アイデアやメッセージを伝える新しい手段として利用することもできます。

クラウド(Evernote)で「共有」

ライブスクライブ デスクトップを起動し、コネクタ情報の登録画面からFacebookのアカウント情報を入力し「Facebookにサイン・インする」をクリック。

タブ内の「**ページ目を送信」の中から「Facebook」を選択。

ファイルのフォーマット「ペンキャスト」を指定し「継続」をクリックすれば、送信完了です。

Facebookのタイムラインに投稿されます。
ペンキャストを、そのまま再生して見てもらうことも、いいね!やシェアで共有してもらうこともできます。

*「Evernote」はEvernote社のサービスです。

ページトップへ

パソコンに取り込んだノートの情報をEメールで送信、クラウドに転送、
SNSに投稿・シェアする方法はわかりましたか。
基本はパソコンでの操作がメインとなります。
しかし、エコー・スマートペンをパソコンに接続するだけで、
Eメールやクラウド、SNSへの転送・共有できる機能があります。
ここではその方法をお教えします。

転送・共有

専用のナビプラスをタップして、図のルートに沿って
「connect(コネクト)」まで進み「送信」へ

ページトップへ

商品の詳細はこちらをクリック!