e-hon TOPへ戻る

資格・検定試験特集 2018秋

就職活動の際の自身の強みとして、また入社後に必要とされるスキルの準備として、学生時代に資格・検定に挑戦する事が多くなっています。また、企業の人材育成・研修、昇格試験の一環として資格・検定の獲得を推進する場合もあり、社会人の関心もより高まっています。e-honでは、主要な検定試験関連本を集めました。

トピックス

「介護支援専門員(ケアマネジャー)」は、2018年度から介護業等の実務経験での受験が廃止されるなど、今までより条件が厳しくなっています。 「第二種電気工事士」は、2018年度から、同じ年度の上期試験、下期試験、両方の受験が可能となり、受験のチャンスが増えました。
新たにできた資格「公認心理師」は、「公認心理師法」に基づいた、臨床心理の分野における日本初の国家資格です。
また、2020年度から始まる「大学入学共通テスト」の英語では、「英検®」(英検2020 2days S−Interview、英検2020 1day S−CBT、英検CBT®)を含む、8種類の資格・検定試験の採用が決定し、今後さらに注目を集めそうです。

バンザイくまさん