e-hon TOPへ戻る

資格・検定試験特集の2020年春

就活生はもちろんのこと、企業の人材育成や研修として取り組みが推奨されたり、転職活動や、産休・育休中のスキルアップなど、資格取得の目的は様々に広がっています。
また語学検定では、2020年度から新学習指導要領の全面実施に伴い小学5・6年生で英語が教科化するなど、教育環境の変化により検定受験をお考えの方も多いのではないでしょうか。
関連書をご紹介しますので、ぜひ資格・検定試験対策にお役立てください。

トピックス

「介護支援専門員(ケアマネジャー)」は、2018年度から介護業等の実務経験での受験が廃止されるなど、今までより条件が厳しくなっています。 「第二種電気工事士」は、2018年度から、同じ年度の上期試験、下期試験、両方の受験が可能となり、受験のチャンスが増えました。
また、2020年度から始まる「大学入学共通テスト」の英語では、「英検®」(英検2020 2days S−Interview、英検2020 1day S−CBT、英検CBT®)を含む、8種類の資格・検定試験の採用が決定し、今後さらに注目を集めそうです。