三辺律子×e-hon	 翻訳家がおすすめする傑作洋書

寄稿に寄せて(三辺律子)

ヤングアダルト小説で最近、目立ってきているのが、詩形式でかかれた/詩がキーとなっている作品。カーネギー賞や全米図書賞など、主だった賞でも常連となりつつある。短い言葉でイメージを喚起しつつ、ストーリーを紡ぐ形式が、今の時代に合っているのかも?
原文で読めば、独特の韻やリズムを楽しめるうえに、最近はオーディオブックという優れものもある。20年以上前の名作から現代の作品まで、ふだん原書を読まない人もぜひトライしてみてほしい!

プロフィール

英米文学翻訳家。主な翻訳書に、『エヴリデイ』、『ジャングル・ブック』、『月のケーキ』、『ダリウスは今日も生きづらい』、『THIS ONE SUMMER』。
『子どもの本ハンドブック』、『12歳からの読書案内(海外作品)』、『今すぐ読みたい!10代のためのYAブックガイド150』などに海外文学紹介文を執筆。
白百合女子大学、東京女子大学ほかで講師を務める。

三辺律子氏の最近の翻訳作品