受賞作情報

ビジネス書グランプリ20182018.2.16

革命のファンファーレ 現代のお金と広告
<幻冬舎>

西野亮廣/著

クラウドファンディングで国内歴代最高となる総額1億円を個人で調達し、絵本『えんとつ町のプペル』を作り、30万部突破のメガヒットへと導いた天才クリエイターが語る、"現代のお金の作り方と使い方"と最強の広告戦略、そして、これからの時代の働き方。

新書大賞20182018.2.13

バッタを倒しにアフリカへ
<光文社>

前野ウルド浩太郎/著

バッタ被害を食い止めるため、バッタ博士は単身、モーリタニアへと旅立った。それが、修羅への道とも知らずに…。『孤独なバッタが群れるとき』の著者が贈る、科学冒険就職ノンフィクション!

第69回 読売文学賞2018.2.9

〜小説賞〜

僕が殺した人と僕を殺した人
<文藝春秋>

東山彰良/著

1984年。13歳だった。夏休みが終わる2日前、ぼくたちの人生はここから大きく狂いはじめたんだ。 少年時代は儚く、切なく、きらめいている。台湾が舞台の青春小説。

〜随筆・紀行賞〜

モンテーニュの書斎 『エセー』を読む
<講談社>

保苅瑞穂/著

「私とは何か」から「人間とは何か」へ。モンテーニュが「私」の探究を通して「人生の真実」を問うた名著『エセー』。思想の書にして第一級の文学作品であるその本質と魅力を、みずみずしい名文で綴る、最良の手引きの書。

主な文学賞

小説

ミステリー・SF

児童・絵本

コミック

ノンフィクション

ご当地型

ジャンル特化型